フォト
無料ブログはココログ

« 北アルプス 槍ヶ岳~穂高岳縦走 3~4日目 | トップページ | 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 5、6日目 »

2009年2月 6日 (金)

2008年 ネパールトレッキング カラパタール 1~4日目

Soh_0003_511 何だかんだで2月になってしまったが、10月30日から12月7日の約1ヶ月半、ネパールに行って来た。今回のトレッキングはエベレスト街道と呼ばれるカラパタールへのトレッキング。

今年もネパールで日本人が経営している観光会社、NJSトレックのスタッフとツアー参加者の皆さんと同行する形で歩かせていただいた。

NJSの方々とは友達で、僕が経営する「ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店 カラパタール」の取引先の方でもある。僕も窓口をさせていただいているので、まあスタッフのようなものなのだが。

参加者の方の一人は前回も一緒に歩いた方で、群馬にもスタッフの方々と集まっていただいて宴会したという仲だったので、堅苦しい感じは全く無い。仲の良い友達同士が集まっている感じで、とても楽しいトレッキングをさせていただけた。

下山してからは、また別の友達と合流してネパールの観光地を案内した。

長くなりそうなのでトレッキングと下山後の観光と、何回かに分けて更新しようと思う。

ネパールに到着してからトレッキング出発まで中一日しかなかったので、旅行用とトレッキング用とに身支度などをしながら過ごしたらすぐ出発日になってしまった。慌しくルクラ行きの飛行機に乗り込む。

Soh_0021_460Soh_0014_455  去年のように散々待たされたことはなく、今回は定刻どおりにルクラへ出発。

毎年のことながら、この飛行機は怖い。だいぶ使い古したプロペラ機だし、ルクラの空港は短くて谷間にあり、谷と平行に作ればよいものを直角に縦に作っているものだから、着陸時は壁に向かって突っ込んでいくし、離陸時は断崖の谷間に向かって突っ込んでいく恐ろしい空港だからだ。急な坂を利用して、減速と加速をするらしい。

まあパイロットにとっては毎日何度も飛んでいる航路なので難しくはないそうなのだが。

Soh_0036_474Soh_0037_475 1年ぶりのルクラは、また少し大きくなった感じがした。マオイストの件が落ち着いたため、大したチェックも受けずに身支度をして出発。

ナムチェへの街道も、少しづつではあるが整備されてきている。

途中、道端で日本人の女性が近くで採れた林檎を売っていた。聞いてみると、世界で初めてエベレストに登った女性、田部井淳子さんが支援した農園が近くにあって、丁度収穫のイベントがあったので宣伝も兼ねてここで売っているのだそうだ。

Soh_0055_490Soh_0056_491  そういえばネパールへ行く飛行機の中で田部井さんが僕の席の斜め前に座っていた。すぐにカトマンズに戻ってしまったそうだが、ここのイベントに来ていたらしい。

一日目、パクディン泊。毎回使っている宿だが、経営者が変わったそうで、部屋もトイレも清潔だった。さらにガスを使ったシャワーまで完備されていてとてもありがたかった。

Soh_0070_504Soh_0072_506  贅沢は言えないが、これまでネパールで使ってきたお湯を溜め込むシャワーやソーラー式のシャワーのように、お湯が終わったり冷たくなったりしないので、本当に安心して浴びることができる。

考えてみたら、ガス式のシャワーを浴びるのは10年ネパールに来ていて初めてだった。毎年進化してきているんだなあ。他のロッジよりは高かったけど。

2日目は街道沿いの小さな集落モンジョ。お昼には着いてしまった。時間的には次の大きな町ナムチェに行けるし、ガイドブックのもそう書いてあるしほとんどのトレッカーはナムチェに行ってしまうのだが、僕たちは敢えてここに宿泊した。

Soh_0082_401Soh_0104_420  高度順応のためだ。高度に慣れていない状態で、たった2日で3400mのナムチェに行ってしまうと、高山病にかかってしまうリスクがとても高くなってしまう。万全を期してカラパタールを目指すのだ。でも時間を潰すのがちょっと面倒ではある。

Soh_0081_400Soh_0122_433Soh_0172_384   3日目にようやくナムチェ。途中ラージャブリッジという怖い橋を渡り、急な坂を息を切らせながらゆっくりと登る。

エベレスト街道の玄関口に当たる街で、世界中のトレッカーが集まってほとんどがこの街をベースキャンプとするので、こんな山の中にも関わらずどんどん大きくなっている。大きなロッジと商店街、電気が当たり前のように使え、インターネットだって出来る。携帯電話まで使える。

車道は無く移動手段は歩きだけ。ふもとの街に出るまで歩いて1週間以上はかかる山の中にだ。初めて来た人は驚くだろう。それだけこのエリアには外貨が入ってきているのだ。

Soh_0182_392Soh_0199_359Soh_0179_390   高度順応のため、ここにまた2日滞在する。翌日は雲っていて時折小雨が降っていたが、それぞれ思い思いに一日を過ごした。参加者の一人、「のんちゃん」が軽い高山病にかかり、少し心配だったのだが、翌日にはだいぶ良くなったようだ。僕も夜になって少し便秘気味になったり頭痛と貧血の症状が出たが、深呼吸をしたり無理しないように体を休ませていたら次第に治って来た。

油断しないように、体調管理をしっかりすることが、高度順応のコツなのだろう。

5日目に続く。

***************************

管理人のホームページ

Reset your compass

http://www.geocities.jp/ddngj018/

管理人のネットショップ

ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」

http://nepalzakka.sakura.ne.jp/

****************************

« 北アルプス 槍ヶ岳~穂高岳縦走 3~4日目 | トップページ | 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 5、6日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30365/27816028

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 1~4日目:

« 北アルプス 槍ヶ岳~穂高岳縦走 3~4日目 | トップページ | 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 5、6日目 »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31