フォト
無料ブログはココログ

« 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 10日目 | トップページ | 2008年 ネパール カトマンズ散策 »

2009年3月23日 (月)

2008年 ネパールトレッキング カラパタール 11~16日目

Kalapatthar2008001_74Kalapatthar2008001_85  11日目。この日の朝が最も辛かった。頭痛と気持ち悪さとだるさのトリプル攻撃。風邪に加え寒さと高度の負担でなかなか寝付けなかったからだ。
僕が寝た部屋の窓は内側までガチガチに氷が張り付いていたので、外がどれだけ冷えていたか想像に難くない。その寒さの中で少しでも眠れたのはsekiさんからいただいた解熱剤のおかげだった。今回どれほど助かったか知れない。
何とか朝食を済ませ、身支度をしてロブチェへ向かって歩き出す。日差しが当たってくると、現金なもので調子も良くなってきた。この日から下山にかかるという心理的な影響もあったと思う。
Kalapatthar2008001_86Kalapatthar2008001_93  帰りはあっという間にロブチェ着。小休止して再び歩き出し、お昼にトゥクラ着。体調も徐々に回復してきている。降っていくにつれ酸素が多くなっているので体の負担も軽くなっていくせいだろう。とはいえまだ4300m付近だが。
途中でガイドのペマさんがロブチェピークを指差して「人が登っている」と教えてくれた。
巨大な山の雪渓に針の先くらいに3つほど点が見える。それが人らしい。教えてもらって目を凝らさなければ、肉眼ではとても気付かない大きさだ。ペマさんはよく見えるらしい。
試しに僕のデジカメで、サイズを大きくして撮影してみた。プレビューの画像を拡大してみると、たしかに雪の上をロープを伝って登っていくパーティーが見えるではないか。ロブチェピークって登れるんだ。
Kalapatthar2008001_95Kalapatthar2008001_97  数日前にディンボチェピークを登ったときにも、ペマさんはチョー・ラ(カラパタールとゴーキョを繋ぐ峠)を歩いているパーティーを見つけて教えてくれたものだ。
こちらに住む人々は本当に視力がいい。
トゥクラを出ると、急な降り坂から徐々になだらかな歩きやすい道に変わり、ヤクの群れを見ながらのんびりロブチェへ歩く。3時頃に到着。いつの間にか体調は良くなっていた。我ながら現金な体である。

Kalapatthar2008001_107Kalapatthar2008001_114  12日目。ロブチェからタンボチェまで一気に降る。タンボチェ手前で少し登り坂になるのだが、風邪で体力が落ちたせいか僕にはかなりしんどかった。やはりゆっくりとペースを落として遅れて到着。
大事をとって寝るまで宿の談話室から外には出ないようにした。
しかし、僕が談話室で暇を持て余している頃に隣にあるタンボチェの寺院では夕方のお勤め(お祈り)をやっていて、sekiさんとのんちゃん達は出かけていったのだが、なんとお坊さん達と一緒に記念撮影もしてもらえたそうだ。あー行けばよかった!

Kalapatthar2008001_121Kalapatthar2008001_123  13日目。体調はようやく回復。ナムチェまで降る。雲が多いが、時折日差しが射すので快適に歩けた。
タンボチェから降りきった谷底のプンキテンガ付近で、軽装で運動靴、ゼッケンを付けてまるでマラソンランナーの様な姿の一団とすれ違った。
聞くと近日中に毎年開催されている「エベレストマラソン」があるらしい。エベレストBCからナムチェまで、通常は3日かかるところを1日で走ってタイムを競うのだ。
最近はコースが変更されて今回は何とカラパタールからチョー・ラを経てゴーキョ、レンジョ・パスを越えてナムチェを目指すコースだそうだ。
本当だとすると5000m付近をずっと走ることになる。尋常ではない。死者が出てもおかしくはない。
すれ違うランナーは、やはり誰もがチーターのような体つきだ。世界中から猛者が集まっているようだ。
余談だがネパールには常駐しているNHK特派員の女性がいて、年の頃も僕と同じくらいかちょっと若いくらいなのだが、その方がこのエベレストマラソンに毎年走っているのだそうだ。
いったいどんな人だよ、と思っていたが僕は今回のネパール初日に会っていた。高級ホテルで今回のメンバーと食事(だけ)をしたのだが、そのときに隣で偉そうな日本人の方々を案内していた人がその人だった。
思い出しても、高山で走るような人にはとても見えなかった。人間見かけによらないものである。

Kalapatthar2008001_124 14日目はナムチェ滞在。当初は2日に分けてルクラを目指す予定だったのだが、1日でもルクラには行けるため(ちょっと長いが)、この日はナムチェで休憩することになった。

Kalapatthar2008001_128 15日目。ルクラへは長い道のりだった。来た道を戻っているのだが、3日かけて歩いた道を1日で歩くと「こんなに長かったっけ?」という思いが度々起こる。
途中休憩したロッジでは、別のツアーの日本人の団体が先に休んでいて、その中の一人に何と同じ県内で知っている場所に住んでいる方にお会いした。
8時間かけてやっとの思いでルクラに着いたときは、何というか物凄い達成感に包まれた。
宿は食事も良く部屋も快適だったので、文明の力のありがたさを身に染みて感じる。この宿はシェルパの老夫婦が営んでいるのだが、年の功がかもし出す雰囲気の談話室が、なかなか快適で気に入ってしまった。
この辺りは、普通仏様が部屋の一番目立つ場所に奉られるのだが、ここではヒラリー卿の肖像画が大きく飾られている。
ヒラリー卿は世界で初めてエベレストに登頂した人(諸説あり)なのだが、この人のおかげで「シェルパ」という民族を世界中に知らしめることができたということで、この辺りでは神様に近い位地で敬われているそうだ。

Kalapatthar2008001_130 16日目は最終日。飛行機でカトマンズに戻る。前日は天候が悪く飛行機が飛ばなかったそうで、空港は大混雑でどうなるかと思ったのだが、宿の老夫婦のおじいさん、実は空港の偉い人らしくスムーズに飛行機に乗ることができてしまった。
僕らを乗せたルクラを出た飛行機は、着陸許可がなかなか下りなかったらしくカトマンズ上空をしばらく回っていた。腕時計の高度計を見ると4000mを越えている。ボロいプロペラ機なので気圧調整はあまり効果がなく、結構息苦しい思いをした。
数日前4000mを歩いているときは何とも感じなかったが、低い場所(といっても2700mあるが)から一気に揚がると、改めて大変な場所だったんだと知ることができた。
長く感じたが、そんなには飛んでいなかったらしい。カトマンズの空港に着いたときはまだ朝9時過ぎだった。

***************************

管理人のホームページ

Reset your compass

http://www.geocities.jp/ddngj018/

管理人のネットショップ

ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」

http://nepalzakka.sakura.ne.jp/

****************************

« 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 10日目 | トップページ | 2008年 ネパール カトマンズ散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2008年 ネパールトレッキング カラパタール 10日目 | トップページ | 2008年 ネパール カトマンズ散策 »

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31