フォト
無料ブログはココログ

« 大峰奥駆けに行ってきます。 | トップページ | 大峰奥駆道縦走 2日目 »

2009年8月10日 (月)

大峯奥駆道縦走 1日目

7月下旬、奈良県の吉野から和歌山県の熊野神社にかけて延びる修験道、大峰奥駆道を縦走してきた。

全長約80キロ、6日間の行程。前後入れると9日間使った。

僕は北アルプスはよく歩いていて知っているが、こちらの方は全く知識がなかったので今回行ってみなければ判らない面が多くあった。幸い同行した方が何度も歩いた事のある人だったので、その方に全て任せることにした。

25日、朝8時過ぎに群馬出発。土曜日でETCが1000円なので、車で行くことにした。

途中梓S.A.で休憩。焼きたてのパン屋とスタバがあったのでのんびり寛ぐ。インフォメーションを見たらこれから通る中央道が事故で通行止めだった。案内のお姉さんに迂回の詳細を聞いて出発。飯田山本I.C.から降りて、一般道で不安になるほどの山道を走り、園原I.C.でまた入る。

でも通行止めの表示はどこにもなかった。後で調べたら、僕が通行止めの知らせを聞いてから現場へ走っている間に解除されたようだった。とんだ遠回りだった。しかも一度降りたので余計に1000円かかってしまう。いい迷惑だ。

名古屋から雨が降り出し、四日市にかけては前が見えないほどの豪雨だった。しかし亀山では晴れ間が差す。名阪国道を走っている頃は小雨が降っていた。不安定な天気だ。

この名阪国道、高速道路みたいだが一般道で、制限速度60キロなのにみんな100キロですっ飛ばしている(書いていいのだろうか)。

群馬では見ない道なのでちょっと怖い。高速道そのまんまの道なのでスピードが出てしまうのも判るが、事故は起きやすいんじゃないかなあ(車間距離は詰まってるし)、と思っていると案の定、天理市に入る手前の急カーブで大渋滞。大型トレーラーが横転していた。

1時間ぐらいここでかかり、天理市から南下、橿原市や明日香村を経て吉野の下市口駅前の宿に着いたのは5時半頃だった。ガソリンは丁度満タンから給油まで、572.6キロ。約9時間かかった。流石に一気に行くと疲れる。ここで一緒に歩くメンバーの一人、さめさんと合流。

この日の宿は「大正館」という宿で、大正時代の建物をそのまま使っている珍しい宿だった。大正ロマンというか昭和レトロの雰囲気満点で、老朽化もあってちょっと不便なのだが、どこか懐かしく返って新鮮だった。宿の人にもとても親切にしていただいた。

つづく

*まとめた記録はこちらからどうぞ。

***************************

管理人のホームページ

Reset your compass - 旅たちの前に -

http://www.geocities.jp/ddngj018/

管理人のネットショップ

ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」

http://nepalzakka.sakura.ne.jp/

****************************

« 大峰奥駆けに行ってきます。 | トップページ | 大峰奥駆道縦走 2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30365/30903906

この記事へのトラックバック一覧です: 大峯奥駆道縦走 1日目:

« 大峰奥駆けに行ってきます。 | トップページ | 大峰奥駆道縦走 2日目 »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31