フォト
無料ブログはココログ

« 2011年 チベット カイラストレッキング 1日目 カトマンズ~ニャラム | トップページ | 2011年 チベット カイラストレッキング 3日目 ニャラム~サガ »

2012年8月31日 (金)

2011年 チベット カイラストレッキング 2日目 ニャラム滞在

2011年5月28日。

Kailas2011small067 宿泊したニャラムの宿は名前もそのまま「ニャラム招待所(漢字が判らない)」といって、人民政府庁舎のすぐ隣にあり結構立派な建物だった。部屋もなかなか清潔だ。ポットにお湯も入っており、寒いが手洗いや洗顔も快適にできる。

僕たちは高度順応のため、ここに2泊する。本当はもう少し低い場所から始めた方が良いのだが、チベットではこの高度(3.750m)でも低い方なのだ。

Kailas2011small069 建物は違ったが、同じホテルに宿泊していたインド人パーティは早朝に発ってしまった。高度障害など大丈夫なのだろうかと心配したが、ナワンさんによるとかなり予算を切り詰めたツアーで、日程もぎりぎりに組んでいるのだそうで、無理をしてでもカイラスへ行きたい人たちらしい。

彼らにとっては宗教が全てだから、現地で死んでも構わないという覚悟で行っているのだそうだ。ニャラムから先はいきなり5.000mの峠を越え、その先はずっと4.000m台の高地なので高度順応していないとかなりきついと思うのだが。

Kailas2011small078 朝食はホテル脇の炊事場の中でした。同行した方々の殆どは高地が初めてだったので、いきなり現地の食べ物を食べるのではなく、スタッフのコックが食べやすく工夫した食事が良いと判断したのだ。

野菜などは昨日のうちにスタッフがニャラムの店から新鮮なものを調達してくれたらしく、量も多くて美味しかった。

朝食後、山歩きの装備に着替えて街の周辺を散歩することになった。

効率良く高度順応するためには、停滞日もひとところにじっとしているのではなく、昼間のうちは外へ出歩いて体を動かしていた方が良い。たった数時間でも、より高い場所に歩いていってまた戻ってくれば結構違うのだ。

Kailas2011small052Kailas2011small054  民家の脇から入り集落の外れへ登っていく。家々の壁には至る所にヤクの糞が丸められた形で貼り付けられていた。ネパールでも良く見た光景だったが、これほど多い光景は初めてだ。この糞は乾燥されたあと、暖炉や炊事の燃料として利用される。それほどこの場所が何も無いということなのだろう。

Kailas2011small056Kailas2011small057  少し登ってマントラの彫られた大きな岩を過ぎると辺りに建物はなくなり、小さな木々や草花が散在するだけの場所に変わった。

この時期のチベットは夏なのだそうで、この辺りはこの時期だけかわいい小さな花々がちらほらと見ることができた。高度が低ければそれなりの大きさに育つはずの木々や花々なのだが、ここではそこまで育つことができない。それでも懸命に子孫を増やそうとしているのだ。

Kailas2011small060Kailas2011small062  ダムから伸びている車道を横断しもう少し上の方まで行ってみる。丘の中腹辺りで休憩し、そこから町外れに向かって斜めに降りていった。本当は丘の頂まで歩きたかったが、いざ登り始めてみると目的の場所ははるか先だということが判ったのだ。

Kailas2011small068Kailas2011small066  再びニャラムの集落に入っていく。辺境の街とはいえ国境と接しているだけあり、建物はそこそこ整ったものが多かったように思う。

だが民家の壁には至る所に牛糞が貼り付けられている。この辺りが厳しい環境の場所だということを教えてくれていた。

Kailas2011small079Kailas2011small075  街のお寺から宿に向かって戻る頃は、結構街の人々とも接することができた。当然かもしれないが、集落に入るまでは人の気配はまるでなかったのだ。

子供や男性は普通の姿だったのだが女性はチベットの民族衣装を着て、装飾も綺麗に着飾っている人が多かった。どこも女性はお洒落に気を使うらしい。

昼過ぎに再び宿に戻った。そこからは自由行動。

Kailas2011small076Kailas2011small065  とはいえ標高は3,700m。初めて高地へ訪れる方々には、気ままに動き回るには少々きつい環境だ。各自宿の部屋でのんびりと過ごしていたようだ。

僕は一人で街中へ繰り出しインターネットカフェを探した。

メイン通りに面した箇所に何件か見つけたが、どこも小さく5~6台のパソコンをシェアして使っている程度だ。2件目でようやく1台空いていたのですかさず使ってみる。

残念ながらフェイスブックは開けなかった。中国らしく検閲で止められているらしい。

何とかyahooは開けたので、メールチェックだけに。送信すればスクリーミングされ、プライバシーが筒抜けになってしまうかもしれないので、返信は控えるようにした。

明日からはいよいよ本格的なチベット高原へ。10日後、ここに戻ってくるまではずっとテント生活だ。

3日目に続く。

***************************

管理人のホームページ(過去のトレッキング記録)

Reset your compass

http://www.geocities.jp/ddngj018/

管理人のネットショップ

ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」

http://nepalzakka.sakura.ne.jp/

****************************

« 2011年 チベット カイラストレッキング 1日目 カトマンズ~ニャラム | トップページ | 2011年 チベット カイラストレッキング 3日目 ニャラム~サガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30365/46903828

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 チベット カイラストレッキング 2日目 ニャラム滞在:

« 2011年 チベット カイラストレッキング 1日目 カトマンズ~ニャラム | トップページ | 2011年 チベット カイラストレッキング 3日目 ニャラム~サガ »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31